婚活

統計で判明!「本当に結婚できない男」の特徴【ドラマと真逆】

結婚するために必要なことってなに?

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

マジメな調査で判明した、「本当に結婚できない男性」の特徴を知りたくありませんか?

 

日本の結婚の実態を数字で把握することで、「どうすればいいのか」という対策が打てます。

 

今は結婚する気がなくても、「いつかは結婚したい」と考えている男性は多いはず。

そんな男性にこそ、今回の記事を読んで欲しい。

 

なぜなら、もしもあなたが「結婚できない男の特徴」に当てはまった場合、そこから抜け出すには、ある程度の時間がかかるからです。

 

 

 

僕は『結婚できない男』というドラマが好きなのですが、「本当に結婚できない男」は、阿部寛さん演じる主人公とは真逆の特徴を持っています。

メディアから影響されたイメージが刷り込まれていると、ますます結婚が遠のいてしまうかもしれません。

 

結婚したくても、できない。

 

そうなる前に、「本当に結婚できない男」の特徴を頭の片隅に入れておきましょう。

ペンさん
ペンさん
最後までよろしく!

結婚できないのは「稼げない男」

close-up photo of assorted coins

結論から言うと、結婚できないのは、「稼げない男性」です。

「そんな殺生な…」
と思われたかもしれません。

モテ期リン
モテ期リン
残念ながら、事実なんです。(涙)

 

総務省統計局が行なった2017年就業構造基本調査によると、
男性は年収が低いほど、50歳のときの未婚率が上がります。

たとえば、
「年収が300〜399万円」の場合の50歳時未婚率は27%で、
「年収が1000〜1249万円」の場合はわずか4%になります。

 

言いかえると、

・「年収が300万円台」の場合、4人に1人は未婚
・「年収が1000万円台」の場合、10人中9人は結婚できている

ということです。

 

「年収」と「男性の未婚率」には、”強いマイナスの相関関係がある”と言ってよさそうです。

ペンさん
ペンさん
「世の中、結局カネ」ということが、まざまざと見せつけられるデータですね。

年収が高い女性とマッチするのでは?

 

でも、年収が低い男性は、逆に「年収の高い女性」とピッタリ合うのでは?

と思われたかもしれません。

 

残念ながら、そうはいきません。

 

順を追ってお伝えします。

先ほど、「年収が低い男性は未婚率が高い」ということを書きました。

対する女性は、その逆。

なんと「年収が高いほど未婚率が高い」という状態になっています。

女性は、年収が高いほど未婚率が高い。

 

先ほどの調査によると、女性の場合、
「年収150〜199万円」の50歳時未婚率が15%で、
「年収1250〜1499万円」の50歳時未婚率は36%となっています。

 

年収200万円に満たない女性の約8割が結婚できているのに、
年収1000万円オーバーの約4割は結婚できていないのです。

 

モテたいガー
モテたいガー
なんか不思議。

 

なぜこうした現象が起きているのか?

理由は、以下の2点。

 

・女性は年収の多い少ないに関わらず、「自分より年収の高い男性」を求めるから。
・男性は、「自分よりも年収の低い女性」と結婚したがるから。

 

やはり、女性にとって、男性は「尊敬できる存在」でいてほしいのでしょう。

また、男性は男性で「自分より収入の低い女性」を結婚相手として求める傾向があります。

 

つまり、男性の年収が低ければ、それだけ結婚相手の選択肢は減る。

加えて、年収の高い女性は、さらに年収の高い男性を求めるので、年収の低い男性は相手にされない。

 

以上のことから、年収の低い男性は、結婚しづらくなってしまう現実があるわけです。

 

ペンさん
ペンさん
ちなみに僕は稼いでいる女性の方がウェルカムですが、女性からすると「わたしより稼いでないとイヤ!」となる人が多いんでしょうね。

「年収400万円以上」を希望するも、そんな男は希少種

copper-colored coins on in person's hands

婚活市場で、女性が男性に求める収入は、大体いくらだと思いますか?

2018年の「少子化社会対策に関する意識調査」によると、女性が希望する男性の理想の年収についての質問で、全体の72%の女性が「年収400万円以上」を望んでいます。

(結婚となると、まあ400万円は欲しいわね。)

と思ってるわけですね。
世の婚活女子たちは。

 

しかし、現実は皮肉なもんです。

 

20〜34歳の未婚男性の年収は、81%が400万円未満です。

 

つまり、世の婚活女子たちの求める年収レベルに達している30代前半までの男性は、たった19%しかいないということ。

 

モテ期リン
モテ期リン
「男女は分かり合えない」と言う人がいますが、このデータを見ていると、なんだかそんな気がします。

 

まあ逆に言うと、年収が400万円を越えてさえいれば、男性は割とイージーに結婚にたどりつけるということです。

 

結構わかりやすい指標なので、
結婚したい男性諸君は、「年収400万」を目指して、転職や副業に励んでみてはいかがでしょうか?

 

逆に、すでに年収400万円のラインに到達しているのなら、婚活市場では「上位2割の男」と言えます。

自信を持って婚活に望みましょう。

おわりに

groom beside bride holding bouquet flowers

この記事の作成を通して、婚活市場について知識と理解を深めることができました。

勉強の機会を与えていただいた読者のみなさんに、心から感謝します。

 

僕は、30代中盤くらいで結婚したいとなんとなく思っているので、それまでにしっかり稼げるように努力したいと思いました。

 

もしあなたが「結婚以前にそもそも恋愛が苦手」という場合、以下の記事がオススメです。

 

お時間があれば、ぜひ読んでみてくださいね。

SVR理論を徹底解説!【恋愛は見た目だけで決まらない】 ◆ ◆ 今回この記事で伝えたいのは、「本当にモテたいなら見た目よりも中身を磨く努力をした...

 

ペンさん
ペンさん
最後まで読んでくれてありがとう。
ペンさん史上、もっとも売れたnote。