女の子の落とし方

受け身な男に警告!「待ってるだけじゃ彼女はできない」統計的理由

「待っていればそのうち彼女くらいできる」と思ってたけど、いつになったらできるんだろう…?

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

【この記事を書いた人】
・24歳ではじめて彼女ができた
・27歳ではじめてD卒できた

 

・オレの親父でも結婚できたわけだし、そのうちいい出会いがあるはず…
・男女は等しく存在するんだから、オレに合う女性がいつかどこかで現れるはず…

 

あなたは、上記のような考えを持っていませんか?

 

わかります。

恋愛は、自然発生的なもの。
「がんばるもの」ではない。

 

彼女がいないころの僕も、そんな風に思ってました。

 

ですが、先ほど挙げた、

 

・オレの親父でも結婚できたわけだし、そのうちいい出会いがあるはず…
・男女は等しく存在するんだから、オレに合う女性がいつかどこかで現れるはず…

 

という上記の考えは、「恋愛と結婚の統計」と照らし合わせると、前提から間違っています。

たとえば、「男女は等しく存在する」は間違いです。

未婚女性と比べると、未婚男性は340万人も多いのです。
未婚女性がすべて結婚しても、340万人の男性が余るということです。
※これについては、のちほど詳しく解説します。

未婚とか関係なく、単純に男女の人口で見ても、男の方が多い。

↓の画像をご覧ください。

↑は、総務省統計局が出している『人口推計』のデータです。

0〜49歳まで、すべての年齢層で、男の数が女性の数を上回っているのです。

つまり、どうしても余る男が出てくるということです。

 

待っていても、「恋愛イベント」は発生しない。

 

ペンさん
ペンさん
高校卒業前の僕は、「大学生になれば彼女くらいできる」と思っていたけど、女の子と2人きりでデートすることすらありませんでした。

 

つまり、「自然発生的な男女のマッチング」は起こらないのです。

 

では、どうすればいいのか?

 

なかなか検討がつかないという男性は、ぜひこの先をお読みください。

 

本記事では、主に以下のことについて解説していきます。

・なぜ、男性は「待っているだけじゃ恋愛できない」のか
・どうすれば男は「恋愛の勝ち組」になれるのか

ペンさん
ペンさん
最後までよろしく!

340万人の男は確実に余る

people looking at table

なんらかのアクションを起こさなければ、「男性は結婚できずに余る」という現実があります。

実際のデータをもとに、ご紹介していきます。

未婚女性と未婚男性の数には、こんなに差がある

2015年の国勢調査によると、「未婚女性」と「未婚男性」の総数には、全年齢合計で約340万人もの差があります。

 

全体で見ると約340万人もの男性が余っているのです。

 

「25〜29歳」の年齢層で見てみましょう。

「未婚男性」は2,222,616人、「未婚女性」は1,852,959人で、その差は369,657人。

 

つまり、「25〜29歳」では約37万人の男性が余ることになります。

 

【25〜29歳】
「未婚男性」…2,222,616人
「未婚女性」…1,852,959人
「男余り数」… 369,657人
(2015年国税調査より)

 

そもそも、男女の数に差があるわけですね。

 

(でも、待っていればそのうちいい女性に巡り会える…)

という考え方もあるでしょう。

 

追い打ちをかけるようで心苦しいのですが、これも間違っています。

なぜなら、「おじさん」の年齢層の方が、より多く男が余っているからです。

 

先ほどの調査の「40〜44歳」の年齢層を見てみます。

「未婚男性」は1,423,716人、「未婚女性」は913,188人。

「未婚男性」から「未婚女性」の数を差し引いた男余り数は、510,528人。

「25〜29歳」の男余りが約37万人であることに対して、「40〜44歳」の男余りは約51万人です。

 

【40〜44歳】
「未婚男性」…1,423,716人
「未婚女性」… 913,188人
「男余り数」… 510,528人
(2015年国税調査より)

 

つまり、あなたが上の年齢層に行くほど、余りやすくなってしまうのです。

モテたいガー
モテたいガー
なんかうかうかしてられない気持ちになるね…

 

積極的な女性は、ほぼゼロ

woman holding green plant in shallow focus photography

男性が恋愛において積極的にならなくてはいけない理由の1つに、「積極的な女性が少ない」というのがあります。

 

なぜ積極的な女性が少ないのか?
理由は「女性の選り好み思考」にあります。

 

女性は、男性に比べて生殖コストが高い。
(生殖コストとは、自分の子孫を増やすのにかかるリソースのこと。)

男は種を広くばらまけばOKなのに対し、女性は妊娠・出産という身体の変化、負荷があります。

 

ペンさん
ペンさん
1人あたりの子づくりで負うリスクが、男性の何倍も高いわけです。

 

だから、相手を選り好むというわけです。
誰でもいいわけじゃないんですね。

以上の理由から、女性は受け身になりやすい。

 

そこで男が受け身になってると、そもそも恋愛がはじまりません。

 

以前、マッチングアプリで出会った女性に

ペンさん
ペンさん
草食系男子ってどう? 苦手?

と聞いてみたことがあります。

わたしからはアプローチできないから、そもそも草食系男子は苦手とかそういう問題じゃない

と言っていました。

 

野球で言うと打席に立っていないから、三振はおろか、「記録ナシ」状態なわけです。

 

「3割の恋愛強者男性」が、あなたの彼女になるはずだった女性を食い荒らす

man eating food

男女一人ずつで、一組のカップル。

 

…ってふつうは思いますよね。

一部では、そうじゃないんです。

『時間差一夫多妻制』って?

person holding white mini bell alarmclock

『時間差一夫多妻制』という言葉があります。

 

これは、「一部の恋愛強者男性が、結婚と離婚を繰り返すこと」で、独身研究家の荒川和久先生により命名されました。

 

結婚だけでなく、これを恋愛でやっている男性もいます。
「複数の女性と付き合っている」、という男性のことですね。

となると、なおさらフリーの女性の数は少なくなります

 

では、対策は?

selective focus photography of leopard walking beside fence

待っていても彼女はつくれない。

であれば、「積極的になること」がシンプルな解決策になります。

 

…といっても、これまで消極的だった自分を変えるのは、なかなか難しいですよね。

 

ペンさん
ペンさん
「積極的になろう!」と決意しても、挫折してしまった経験があるのは僕だけじゃないはず。

 

ここで、「恋愛における積極性」について、因数分解して考えてみます。

 

結論、「恋愛における積極性」は、”自信”と”慣れ”から構成されます。

 

ここからは、「どうすれば”自信”と”慣れ”を身につけられるのか?」について解説していきます。

 

基本的に男は幸福度が低い

a man sits on a rock staring across a lake at dusk

まず、そもそも男性は幸福度が低いため、自信を持ちにくいんです。

これは、SSP(階層と社会意識全国調査)2015で明らかになっています。

「あなたはどの程度幸せですか?」という質問に対する男女別の答えは、以下のようになりました。

 

「あなたはどの程度幸せですか?」に「幸福」と答えた数

男性…67.8%
女性…74.0%

 

女性より男性の方が幸福度は低いんですよね。

 

つまり、現状への不満感を抱いていたり、自信がなくて悩んでいる男性は、あなただけではないということです。

 

ここで、

ああ、自信がないのはオレだけじゃないだ

と安心感に浸るのもいいでしょう。

 

ですが、

 

自信をつければ、大半の男性が持っていないものを手に入れられる

 

とも考えられませんか?

 

自信と慣れは、「ふつう」に過ごしていても手に入らない。

価値があるものは、他と相対的に優れているからこそ、価値がある。

であれば、モテたい僕たちは、「非凡」になる必要があります。

自信の付け方

A man and woman cuddling together in bed.

僕はもともと、自己否定しまくっていました。

 

・ニキビだらけの肌
・なにも成し遂げたことがないこと
・友達が少ないこと
…すべてがイヤでした。

 

そんな過去があったのは、「自信の付け方」を知らなかったからです。

 

心理学について学び、それを日常生活に落とし込むことで、少しずつ自信をつけていくことができるようになりました。

 

結果、彼女もでき、今では自分のことを好きになれました。

 

その方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

>>『自動的にモテる男に変わる』仕組みづくりの設計図

 

オレに誘われることは女の子にとってごほうび
オレの誘いが断られるわけない

と思える自分になる。

 

そんな記事に仕上げています。

もっともラクに「女性慣れ」する方法

woman in white shirt and blue skirt holding man in gray shirt

彼女を作るのには、自信に加えて「女性慣れ」も必要です。

 

「女性慣れ」がないと、自然な会話が出来ず、女性から「キモい」と思われてしまいます。

 

デートする機会が増えれば増えるほど、女性の扱いは上手くなっていきます。

 

でも、そもそもデートの機会がない…

そう思われるかもしれません。

 

デートする機会を増やすカンタンな方法があることをご存知ですか?

 

答えは、マッチングアプリを利用することです。

 

space grey Apple iPhone 6ss

 

コストも安く、Tinderなら無課金でも利用できます。

 

「でも、メッセージが続かない…」
「デートまでたどりつけない…」

 

そんな男性は、やり方を知らないだけです。

僕は、Tinderのアプリをインストールした3日後には、声と顔のかわいい女の子とデートに行っていました。

 

なぜこんなに早く結果が出たのか?

 

結論から言うと、「コピーライティングの技術」を応用したからです。

この方法を極めた僕は、「5つの固定文のコピペ」でデートに行けるようになりました。

 

その方法については、こちらの記事で徹底解説しています。

 

無課金ならまだいいですが、アプリ課金して無駄にお金を払い続けている人は、即この記事を読んでデートにつなげましょう!

>>Tinder無課金でもコピペするだけでマッチ翌日にデートに行くメッセージ術

おわりに

こんなデータがあることをご存知ですか?

 

全体で、彼女がいる男性は3割。
そして、女性に対して積極的にアプローチできる男性も、全体の3割。

 

これは、2015年に内閣府が出した「少子化社会に関する国際意識調査報告書」でハッキリとデータがでています。

 

正確には、「自分から積極的にアプローチする」と答えた日本人男性は25.9%です。

 

「自信」を手に入れ、「女性慣れ」して積極的になるだけで、上位3割の男になれます。

 

あなたも、恋愛強者になりましょう!

 

ペンさん
ペンさん
最後まで読んでくれてありがとう。

 

>>Tinder無課金でもコピペするだけでマッチ翌日にデートに行くメッセージ術

>>『自動的にモテる男に変わる』仕組みづくりの設計図

ペンさん史上、もっとも売れたnote。