オススメ恋愛本

『7つの習慣』を恋愛に応用!ー②終わりを思い描くことから始める

デートしても男女の仲に発展しなくて悩んでる…
『7つの習慣』って恋愛にも使える?

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

・メッセージのラリーは続くけど、2人で会う約束はとりつけられない。
・2回目のデートにつながらない。
・5回もデートに行けたのに、告白したらフラれた…

彼女をつくるためのアクションは起こしているのに、ぜんぜんうまくいかない。

 

自分の無力さにノックアウト。
もう立ち上がれない。

 

そう打ちひしがれたことがあるのは、あなただけではありません。

 

手足を動かし、汗をかいて行動している。
だけど上手くいかないすべての男性へ提案です。

 

『7つの習慣』の2つ目の習慣、「終わりを思い描くことから始める」を実践してみてはいかがでしょうか?

 

「読んだことのない人」、「読んだけど忘れた」という人のための先にお伝えしておくと、7つの習慣は以下のとおり。

7つの習慣

1.主体的である
2.終わりを思い描くことから始める
3.最重要事項を優先する
4.Win – Winを考える
5.まず理解に徹し、そして理解される
6.シナジーをつくる
7.刃を研ぐ

 

「終わりを思い描く」という高尚な表現を、かみ砕くと以下の一文になります。

 

ゴールから逆算して成功をもくろむ

 

恋愛への応用も含め、続きでくわしく解説していきますね。

 

ペンさん
ペンさん
恋愛強者への道を踏み出そう!

 

僕たちは「つじつま合わせ」をしたい生き物

brown wooden table and chairs near green tree

あなたは本屋にいる。
目の前に本棚がある。
ONE PIECEの単行本が1巻から10巻までズラリと横に並んでいる。

どこか気持ち悪い。
よく見れば、

 

[1、2、3、4、7、5、6、8、9、10]

 

途中の並びが狂っている。

 

こんな状況に出くわしたとき、あなたはどうする?

 

頼まれてもいないのに、7巻を引き抜いて、6巻と8巻の間に収めるかもしれない。

すると、並び替えをする前に覚えていた気持ち悪さは解消される。

 

…こんな風に、人間は「つじつまを合わせたい」という欲求を持っています。

上記の例は、その派生版である「整理整頓したい欲求」です。

 

似たようなので、「間を埋めたい欲求」もあります。

 

たとえば、ONE PIECEが[1巻、10巻]しかなかったら?

間が抜けてるのが気持ち悪いですよね。

 

もし「1巻→10」巻の順で読んだら、間の8巻分が気になってしょうがなくなる。

 

店舗で入手できないなら、Amazonだ!
と、その日のうちに注文することもあり得ますよね。

 

このように、「つじつまを合わせたい欲求」は、僕らを行動に駆り立てます。

これを利用したのが、『終わりを思い描くことから始める』という習慣。

 

本の中では、「自分の葬式をイメージしてみよう」と書かれていました。

 

それも大事だと思うのですが、「なんか大層だな」というのが正直な感想。

 

人生という最大の単位でなくても、「小目標」レベルの終わりを思い描くことも有用だと考えます。

スケールダウンした例を1つ。

僕は、ブログを書くとき、「はじめに」と「まとめ」を最初に書いてしまうことがあります。

こうすることで、「間を埋めたい」という欲求を呼び起こし、自らを執筆に駆り立てているわけです。

 

ペンさん
ペンさん
実際、こうすると、いつもより三割程度書くスピードが上がります。

 

もちろん、恋愛にも応用可能。

…というより必須。

 

ペンさん
ペンさん
僕の場合、「終わりを思い描くことから始める」という考え方をしていなければ、今もDTのままだったと思います。

恋活するのはなんのため?

space grey Apple iPhone 6ss

マッチングアプリで延々とメッセージのやりとりを繰り返す。

いつまで経ってもデートに誘わない。

 

pairsやwithの月額を無駄金にしてしまうのは、そんな男性です。

 

かつての僕も、その一人でした。

 

アプリをインストールする瞬間は、

 

「彼女をつくる!」
「色白で柔和な女子とたわむれたい」

 

そんな望みを抱いていたはず。

 

にもかかわらず無難で芯のない文章交換に終始してしまう。

 

僕たちは、たやすく目的を見失います。
抵抗のない楽な行動に流れます。

 

そして、時間が経って、後悔に襲われます。

 

手段と目的は混合しやすい。

だからこそ、「終わり」を常に頭に置いておく。
その必要があるんです。

 

セックス、彼女づくりを念頭に置き、目的地をハッキリさせる。
手段と目的を混合しない。

 

メッセージのラリーをひたすら続けるのは、逃げ。
「誘う」という主体的な行動から逃げている。

 

デート中もそう。

もっと関係を縮めたいと思ったら、「手をつなぐ」、「交際を提案する」といった進展を起こさなければならない。

 

今やっていることが目的達成に結びつくのか、自分の行為を俯瞰する。

 

「自分が思い描いた終わり」を意識することが大事です。

神が非モテに与えた「策略」という武器

Lord Shiva statue

先天的な資質だけでモテる男がいます。

 

持って生まれた性格を加工・矯正することなく振る舞って、異性から好意の目を向けられる男がいます。

 

でも、僕らはそうじゃない。

 

だからこそ、戦略が必要です。

 

『7つの習慣』には、次のような言葉が出てきます。

 

「すべての物は二度つくられる」

 

工事してビルを建てるには、その前に設計図が必要です。

作業員がそのときの気分で組立をしているわけではありません。

 

まずは頭のなかで組み立てる。
物をさわるのは、その後です。

 

すべてのものは、以下2つの手順でつくられます。

 

1.知的創造(戦略)
2.物的創造

 

恋愛で言えば、どう相手を落とすか、まずは策謀を巡らせるのが「知的創造」の段階。

 

僕は「フィーリングで恋愛するのは無理だ」と悟ってから、「紙とペン」を使うようになりました。

 

たとえば「マッチングアプリで知り合った女性とデートに行きたい」と思ったら、以下の手順を踏みます。

 

1.ノートを開く
2.上の方に「デートに行く」と書いて○で囲む
3.上記から下向きに枝線を伸ばし、「食事に誘う」と書く
4.上記から下向きに枝線を伸ばし、「好きな食べ物を聞く」と書く
5.上記から下向きに枝線を伸ばし、「夕飯にいつも何を食べることが多いかを聞く」と書く
6.上記から下向きに枝線を伸ばし、「仕事が終わるのは何時ごろになるかを聞く」

 

上記のような塩梅で、「ゴール」からどんどん逆算して、繰り出す話題を考えていきます。

どんどん「葉」と「枝線」を増やし、最終的に「会話の切り出しとして自然な話題」を見つけます。

 

あとは、その話題から「食事に誘う」に向かって順に質問と自己開示を繰り返す。

 

この方法を採用してから、少なく見積もっても、デートの機会が以前の3倍には増えました。

「この逆算の発想」を駆使した具体的な方法は、↓記事で完全解説しています。

 

 

もちろん、「告白してOKをもらう」という目的でも、この考え方は使えます。

 

恋愛で策略を巡らすことができるようになると、彼女をつくるのに、困らなくなります。

 

「もし今の彼女と別れても、すぐにいい相手を見つけられる」という自信がつきます。

すると、彼女に重たく執着することもなくなり、軽やかな気分で交際をすることができる。

 

策略を巡らせることは、非モテに与えられた貴重な武器です。

まとめ

「終わりを思い描くことから始める」を恋愛に応用すると…

★「彼女をつくりたい」という目的を意識して行動する。
→マッチングアプリで延々とメッセージの往復をしていても意味がない

★小目標ごとに、ゴールから逆算して策略を巡らせる
→アプリの女性とデートに行きたいなら、「食事に誘う」から逆算してトークを組み立てる

DT卒業したいあなたへ

 

コミュ力に自信がなくても、無理せず童貞を卒業できる。

 

女性に対して積極的になれなくて困っている
初体験を経験しないまま生きていくのは嫌だ!

 

というあなたへ。

 

まさか、コミュニケーション能力不足が原因だと思っていませんよね?

 

違います。
原因は、そこじゃありません。

 

「デートの回数を重ねては、最終的にフラれる」を繰り返しているなら、下の記事で卒業を迎えてください。

 

「女の子と出会ったその日にDT卒業」も可能です。