内向型を強みに

「ぼっち男」でも彼女はつくれる!ソロ男の3つの恋愛戦略とは?

ぼっちにかわいい彼女はできる?
陰キャぼっちは彼女つくるの諦めたほうがいい?

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

【この記事を書いたペンさん”ってどんな人?】

・中学校進学から、「周囲の人数が増えすぎたこと」が内向的な性格とミスマッチを起こし、徐々に性格が暗くなる。

・高校生で、友達がゼロになる。ラグビー部を1年でやめ、家ではひたすら小説を読んでいた。

・24歳まで彼女なし。告白やデートの経験すらなかった。

・「このままではヤバい」と感じ、街コンやアプリで出会いを増やす。

・筋トレ、トーク、心理学の勉強をガチり、今ではなんなく彼女がつくれるようになった

 

ぼっちだと、彼女をつくること自体、諦めそうになってしまいますよね。

 

わかります。

 

僕も、彼女はおろか、友達もまともにできない学生生活を送ってきました。

大学時代は、周りがサークルや飲み会でウェイウェイしている中、図書館でジメジメと本を読んでいました。

 

完全に、あきらめられたら楽なんですけどね。

 

彼女はつくらない。

オレは、趣味に生きる!

 

みたいに。

 

でも、やっぱり無理じゃないですか。

 

定期的に、

 

(あ〜、彼女ほしぃぃぃ!)

 

という本能がうずいてくる。

つまり、あきらめようと思っても無駄なんです。

 

結局、「彼女がほしい」という気持ちからは、「動物のオス」である以上、逃れられません。

 

じゃあ、

 

一生理想と現実の狭間で悶え苦しめっていうのか!

というと、そうではありません。

 

結論から言うと、ぼっち男子だとしても、彼女をつくることは可能です。

 

僕自身、社会人になってから本格的に恋活を励み、どうにか彼女づくりには困らなくなりました。

 

 

ペンさん
ペンさん

そんな今でも、ぼっちです。

友達は、ほぼゼロです。

 

 

ぼっち男子が彼女をつくれない原因。

それは、

 

「やり方を知らないから」

 

ただそれだけです。

 

周りの「非ぼっち男子」と同じやり方をしているから、うまくいかない。

 

ですが、
「ぼっち男子だけが持っているもの」をうまく利用すれば、彼女をつくることは意外と簡単です。

 

この記事では、「ぼっち男子的、彼女の作り方」について解説していきます。

「少数派な自分の強み」を活かすことは、恋愛に限らず、仕事や生活全般にも転用できる重要項目です。

 

人生の時間は限られています。

 

ぼっちだけど、彼女がほしい

というあなたは、今すぐこの先の本編を読んでください。

 

ペンさん
ペンさん
恋愛強者への道を踏み出そう!

 

ぼっち男子に彼女ができない原因

腰を落とし天を仰ぐ男性の写真

まずは、ぼっち男子がいつまでも彼女をつくれない原因について見ていきましょう。

それは以下の3つ。

 

①コミュニケーション能力が重要となる勝負の仕方をしている

②外見をおざなりにしている

③いきなり高望みしている

 

1つずつ解説していきますね。

 

原因①コミュニケーション能力が重要となる勝負の仕方をしている

couple dining out

世の中には、2種類の人間がいます。

 

「外向型」と、「内向型」です。

 

この2つの違いは、「外に興味を持つ」か、「自分の内側に興味を持つ」かの違いです。

 

比率で言えば、外向型は75%、内向型は25%の割合だと言われています。

 

もちろん、ぼっち男子は「内向型」にあたります。

内向型は、「共感能力の高さ」はあるものの、積極性や鈍感力が低い傾向にあります。

 

周囲の外向型が、女性からの反応を気にせずガンガン攻めるのを見て、以下のように思ってしまうと失敗します。

 

・「(恋愛は、ああいう風にガンガンいくとうまくいくんだ)」

・「(でも、ぜんぜん積極的になれない…)」

・「(オレはなんてダメなんだ…)」

 

このように、多数派の外向型のやり方だけが正解だと思い込んでしまうと、そうできない自分に自己嫌悪の感情を持ってしまいます。

 

あなたの武器は、積極性ではありません。

 

後ほど解説する「ぼっち男子だけが持つ資源」を活かした戦い方が必要になります。

 

原因②外見をおざなりにしている

膝を抱えて不貞腐れる男性の写真

ぼっち男子は人と会うことが少ない分、外見をおざなりにしがちです。

 

外見はとっっっても重要です。

 

なぜなら、人は他人のことを、「見た目」で判断するからです。

 

突然ですが、時代を古代まで巻き戻してみます。

 

人間のかつての宿敵といえば、「マンモス」や「虎」など、鋭い牙と爪を持つ猛獣でした。

 

close-up photography of tiger

 

そのため、それらの危険な動物を瞬時に察知するため、「視覚から得られる情報」を重視するような脳のつくりに進化していきました。

 

そして、現代に生きる僕たちにも、その特徴はまだ残っています。

 

なので、僕たちは視覚から得られる情報を重視し、人を見た目で判断してしまいます。

 

…そこで外見をおざなりにしてしまうとどうなるか?

 

女性は「あなたの内面の良さ」を知る前に、「この人はナシ」と切り捨ててしまうのです。

 

③いきなり高望みしている

落としたコンタクトを探す男性の写真

いつまでも彼女ができない男性の特徴として、「理想が高すぎる」というものがあります。

 

理想が高いのは、悪いことではありません。

ぜひ、その理想を大事にしてください。

 

しかし、高い理想であればあるほど、当然カンタンにはたどり着けません。

 

上手くいかない男性は、理想まで一気にジャンプしていこうとします。

ですが、大事なのは「階段を登っていく」という考え方です。

 

まずは、自分に相応な彼女をつくる。

そして、恋愛自体に慣れ、その彼女と別れたら、次はもう少し理想に近い女性にアプローチしてみる。

 

このように、少しずつ階段を登っていけば、時間はかかるものの、確実に「理想の女性との交際」に近づいていくことができます。

 

なので、高すぎる理想は最終目標としつつも、まずは現実的な身の丈にあった恋愛をしていくべきです。

 

ぼっち男子が持つ「重要な資源」とは?

イケメンカメラ男子の写真

ここまで、「ぼっち男子に彼女ができない原因」について見てきました。

 

1つでも、心当たりはありましたか?

 

さあ、ここからが本番です。

 

いよいよ、ぼっち男子が彼女をつくる上で、必ず把握しておきたい「重要な資源」について解説していきます。

 

無い袖は振れない。

 

配られたカードで、勝ちにいきましょう。

 

ぼっち男子が持つ重要な資源は、以下のとおり。

 

①時間

②金

③コツコツと学ぶ姿勢

 

1つずつ見ていきましょう。

①時間

person holding white mini bell alarmclock

ぼっち男子が持つ、最強の資源。

それが時間です。

 

ぼっち男子は、人付き合いが少ないため、遊びや飲み会に顔を出す必要がなく、時間に余裕があります。

ぼっち男子がたくさん持っていて、社交的な男性がちょっとしか持っていないものが時間なのです。

 

なるほど。時間はたしかにある。

ヒマでしょうがない。

じゃあ、その時間をどうすればいいんだ?

 

そう思われたことでしょう。

 

結論を言うと、時間という資源を、恋愛における男の価値に変換していくのです。

 

その最たるものは、「外見的魅力」です。

 

コミュ力と違い、外見的魅力は、たった1人でコツコツと時間をかけて努力することで、どんどん向上させていくことができます。

 

たとえば、筋トレ。

 

筋トレは、「食事管理」と「トレーニング」をキッチリやれば、確実に成果が出ます。

 

最初に1ヶ月だけパーソナルトレーナーをつけたり、筋トレ本でやり方を学べば、あとは1人でコツコツやるだけ。

 

ぼっち男子は忙しく無い分、暴飲暴食の誘惑も少ない。

外交型男子よりも、カンタンに肉体美を手に入れることができます。

 

 

他には、髪型。

 

多くの男性は髪型に無頓着です。

理由は、セットがめんどくさいから。

 

しかし、ヘアセットができるようになると、外見の印象は180°変わります。

 

ぼっち男子に与えられた大量の時間を投下すれば、YouTubeや書籍からヘアセットの技術を学んで習得することは雑作もないこと。

 

 

外見的魅力の向上に大量の時間を投下できることは、見逃せないぼっち男子のメリットです。

 

②金

豚の貯金箱になけなしの小銭をいれる会社員の写真

次は、お金です。

 

外向型男子が交際費や旅行代に大金を落とす一方で、ぼっち男子はしっかり蓄えることができます。

 

このお金を、「外見的魅力の向上」と「出会いを増やすこと」につぎ込みましょう。

 

そうすれば、男の価値を高め、チャンスをどんどん増やしていくことができます。

 

注意点を挙げるとすれば、服にはお金を使いすぎないようにしましょう。

 

外見的魅力の中でも、優先的にお金を回すべきは、「身体的魅力」です。

要するに、筋トレのことですね。

ジムの会費、パーソナルトレーニング、筋トレ本、食事法の本、などなど。

 

なぜ服にお金をかけすぎるとよくないのか?

理由は、身体が仕上がっていない状態で良い服を買っても、格好良く見えないからです。

 

ヘアセットの技術がない状態でも同様です。

 

髪型がダサいと、全体がダサく見えてしまいます。

 

その状態で自分に合う服を探そうとすると、いいものが見つからず、延々とお金を服屋に垂れ流すことになってしまいます。

 

そうなると、もったいない。

 

なので、まず最初に投資すべきは、肉体の方であると心得ましょう。

 

③分析

グラフが書かれたプレゼン資料を指さすの写真

最後の資源は、「分析力」です。

 

ぼっち男子のネガティブさは、ここで活かされます。

 

もしデートでうまくいかないことがあれば、そこで落ち込むのではなく、原因をじっくり分析しましょう。

 

恋愛に分析を用いる男性は、ほとんどいません。

 

なぜなら、みんな「恋愛はフィーリングでやるもの」と思っているからです。

 

もし本やネットからテクニックを学び、実践してうまくいかなかったら、調整して、自分にマッチしたやり方を見つけ出す。

ぼっち男子に潤沢に与えられた時間があれば、上記の分析はそこまで面倒なことではありません。

 

・「なぜ昨日のデートはうまくいかなかったのか?」

・「もっといいデートで使える店はないのか?」

・「女性にとって最も楽しいデートコースは?」

 

と分析することで、あなたはどんどん恋愛強者に近づいていきます。

 

ぼっち男子の「3つの恋愛戦略」

サイトはできたけどドメインはどうしようドットコムの写真

さて、ここまでで、

・「ぼっち男性に彼女ができない理由」
・「ぼっち男子の持つ重要な資源」

についてお伝えしてきました。

 

少しずつ、希望が見えてきたのではありませんか?

 

ここから先は、つい先ほど紹介した「ぼっち男子の持つ重要な資源」をベースとした、具体的な恋愛戦略について紹介していきます。

 

これから紹介する内容は、机上の空論ではありません。

 

ぼっち男子の僕が、約2年、もがき続けながら編み出した戦略です。

 

あなたの恋愛に活かせるヒントになること間違いなし。

「生粋のぼっち男子」ながら、恋愛に困らなくなった僕が保証します。

 

今回紹介する戦略は、以下の3つです。

 

①インバウンド戦略

②差別化戦略

③1on1戦略

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①インバウンド戦略

両手に顎を乗せる美白女子の写真

外向型男子が「営業スタイル」で恋愛に挑むのなら、こちらは「インバウンド」でいきましょう。

インバウンドとは、こちらから押すのではなく、「こちらの魅力に向こうから気づかせる」、という方法です。

 

一般的には、「外国人が日本に旅行してくること」をインバウンドと表現されます。

 

コミュ障でこちらから積極的に行くのが苦手ならば、外見を極限まで高めて、相手を魅了することを優先する。

 

やや女々しい印象を受けるかもしれませんが、ぼっち男子としては、こちらの方が難易度は低いはず。

 

光に虫が集まるように。

あなた自身が光になりましょう。

 

…とここで終わると、表現として美しいのですが、一応補足を加えます。

 

恋愛において男の役割を担う以上、「最低限の積極性」は必須になります。

 

「積極性よりも外見的魅力の向上に重きを置く」、というだけで、積極性が皆無だと恋愛がはじまりません。

 

とはいえ、外見的魅力を極限まで向上させておけば、「自分は恋愛をするに足る人間だ」という自信がつきます。

 

その自信があれば、外見的魅力がない状態でアタックするのに比べ、より積極的になれるでしょう。

 

②差別化戦略

woman in gray crew neck t-shirt and gray fedora hat standing beside woman in gray

2つ目は、『差別化戦略』です。

これは、多数派の外向型男子にはない魅力を押し出していく戦略です。

 

具体的には、「珍しい体験の収集」です。

 

たとえば、僕が今の彼女をつくったときにアピールしたのは、「プログラミングを勉強している」ということでした。

 

ポイントは、「新規性」と「将来性」。

 

女性にとって聞き慣れない「プログラミングをしている」という体験を語り、なおかつ「なんか将来すごいことをしそう」という印象を与えることができます。

 

ペンさん
ペンさん
ちなみに、僕が作った「無料で使える恋愛補助アプリCONNECT」こちらからチェックできます。

 

こういった、ウェイウェイしている外向型男子がやらなそうで、かつ女性から見ても将来性や魅力を感じるような『差別化できる体験』は、積極的に増やしていきましょう。

 

③1on1戦略

おまたせー道に迷っちゃってー(カフェで待ち合わせ)の写真

ぼっち男子は、できるだけ「1対1で女性と会う」ことを心がけましょう。

街コンやパーティは避けるのが吉です。

 

なぜなら、複数人での会話となると、ぼっち男子は完全に空気になってしまうからです。

 

では、どうすればいいか?

 

落ち着いた環境で会話ができるよう、マッチングアプリを使った、「いきなり1on1」のデートをする回数を積んでいきましょう。

 

僕も街コンには何回も行きましたが、コスパが悪く、複数人の会話に消耗させられるのでやめました。

 

マッチングアプリを使えば、会うまではテキストのやりとりでいいし、いきなり女性と直接デートができます。

 

もちろん、慣れていないとデートは緊張します。

 

しかし、場数を踏めば、緊張感はどんどん和らいでいきます。

 

ムダに消耗する複数人での出会いは避け、マッチングアプリを使った「1on1」のデートをどんどん経験していきましょう。

おわりに

場札に出すカードを選ぶプレイヤーの写真

今まで裏向きになって見えなかった、あなたに配られた「切り札」の存在に気づいていただけましたか?

 

ぼっち男子の多くが恋愛に苦しむのは、「恋愛に向いていないから」ではありません。

 

「個性の活かし方」を知らないだけです。

 

そして、この記事を最後まで読んでくれたあなたは、「個性の活かし方」に気づいた。

 

…どうやら、あなたに彼女ができるのも、時間の問題ですね。

 

楽しい恋愛を、心ゆくまで楽しんでくださいね。

 

ペンさん
ペンさん
あなたも恋愛強者になろう!