女の子の落とし方

つまらないデートを劇的におもしろくする3つの方法

デートで相手の女性を退屈させてしまう…

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

デートを盛り上げるのって難しいですよね。

 

・おもしろいことが言えない…

・デートが盛り上がらなくて、連絡が途絶えてしまう…

 

今回はそんなあなたのために、「つまらないデートをおもしろくする3つの方法」について解説します。

 

ペンさん
ペンさん
最後までよろしく!

基本は「感情をゆさぶること」

 

デートの基本は、「女性の感情を揺さぶること」です。

 

女性の感情を、一定ではなく、起伏のある状態にしてください。

 

いわゆる「いい人がモテない」という原因の1つが、女性を安心させすぎること

 

デートは、映画と同じです。

 

ずっと平和なシーンがひたすら続く映画よりも、ドキドキハラハラする作品の方が面白いでしょう。

退屈な作品は、ただ観るだけでも苦痛になってしまいます。

 

ときに女性を不安にさせ、そのあとに楽しませる、もしくは喜ばせる。

 

トランポリンで反動をつけた方が高く飛べるように、女性の心にも、反動をつけて喜ばせましょう。

女性の感情に起伏をつくる

①宣言してハードルを上げる

残り一枚で「UNO!」を宣言するプレイヤーの写真

1つ目の方法は、「宣言」です。

 

なにを宣言するのか?

 

「デートでめちゃくちゃ君を楽しませるよ」と宣言するのです。

 

こうすることで、相手の期待が上がると同時に、あなたには高いハードルが設定されます。

 

楽しみ!

という返事がきたなら、もう後には引き返せません。

 

長期的に努力し、成功をつかむには、「やらざるを得ない環境をつくることが大事」とよく言われます。

 

ワシが言いたいのはな、自分がこうするて決めたことを実行し続けるためには、そうせざるを得ないような環境を作らなあかんいうことや。ただ決めるだけか、具体的な行動に移すか。それによって生まれる結果はまったく違ってくるんやで

『夢をかなえるゾウ』(水野敬也)

 

デートでも、その原理を使いましょう。

「相手を楽しませざるを得ない状況」にあなた自身を追い込むのです。

 

ヤバイほど楽しませるから、覚悟しといて!

 

と前日にLINEを送れば、それを埋め合わせるように、必死にリサーチし、プランを練るでしょう。

 

相手どうこうよりも、まずは自分にハッパをかけましょう。

 

「相手を楽しませる」とLINEで宣言してハードルを上げ、自分にハッパをかける

 

②ホームを使う

シャンパンで乾杯する眼鏡の男性の写真

女性が男性に冷めるのは、「デート中にグダッている姿」を見ることです。

不慣れな場所をデートに使うと、そのぶんボロが出やすくなります。

 

逆に、デートで使う場所があなたの「ホーム」であるほど、エスコートはスマートになっていきます。

 

デートに使えそうなお店は、ふだんから探しておきましょう。

 

そして、事前に2回は利用しておきましょう。

 

そうすると、「落ち着いた、余裕のある雰囲気」で女性をリードできます。

 

デートは、自分が慣れている場所を使おう。
そうすると、グダグダが減り、女性をリードする余裕が出る。

③サプライズ・プレゼント

熊のぬいぐるみを差し出す外資系ビジネスマンの写真

誕生日にプレゼントを渡すのは当然です。

 

喜びはあっても、もとからハードルがあるぶん、「感動」させることは難しい。

 

プレゼントは、「記念日でもない日」に渡すからこそ効果的なのです。

つまり、サプライズ・プレゼントのことです。

 

渡すものは、安価なものでOK

 

たとえば、「きれいなお花一輪」とかでも十分。

 

サプライズ・プレゼントのキモは、「潜伏期間」

 

どういうことか説明します。

 

相手の発言から、プレゼントを渡すまでの時間を、ある程度確保しておくのです。

 

たとえば、相手が出会った1日目に

黄色い花が好き

と言ったとします。

 

それをメモして覚えておき、3回目のデートで渡す。

 

こうすると、もう相手からすると、あなたに「黄色い花が好き」と言ったこと自体を忘れているでしょうから、「え、覚えててくれたの!?」という感動が大きくなります。

 

渡す物は、できるだけ相手の性格や背景に関連したものがいいでしょう。

 

作家の水野敬也さんは、かつて女性に「サンドバック」をプレゼントしたことがあるそうです。

 

というのも、相手の女性が冗談で水野さんをよく叩いていたそうで、

これを殴るたびにオレを思い出してくれ

といいながら渡したらしいです。笑

 

結果、「運動にもなる」という理由で、結構喜ばれたそうな。

 

以上のように効果てきめんなサプライズ・プレゼントですが、もう1つコツがあります。

 

それは、相手が落ちこんだタイミングで渡すこと。

反動から、喜びが倍増します。

 

たとえば、相手をちょっとイジった後とか。

 

僕が彼女と誕生日にデートしていたとき、ちょっとした言葉のすれ違いで、相手を泣かせてしまったことがありました。

別に、彼女をわざと泣かせようとしていたわけではありませんが、そのぶん、別れ際にプレゼントでメッセージカードを渡したときには、とても喜んでもらえました。

 

ペンさん
ペンさん
※そのメッセージカードは、文面が見えるように、彼女の部屋にずっと飾られていました。

 

記念日でもない日に、プレゼントを渡して驚かせよう。
相手の過去の発言に絡んでいれば、安くてOK。
潜伏期間が長いほど、感動は大きくなる。

まとめ

 

ペンさん
ペンさん
最後まで読んでくれてありがとう。
↓は今日のまとめだよ。

 

今回のまとめ

★女性の感情に起伏をつくる

★デートは、自分が慣れている場所を使おう。
そうすると、グダグダが減り、女性をリードする余裕が出る。

★記念日でもない日に、プレゼントを渡して驚かせよう。
相手の過去の発言に絡んでいれば、安くてOK。
潜伏期間が長いほど、感動は大きくなる。

 

デートを盛り上げることができるようになれば、次回にもつながりやすくなりますよ。

 

今回紹介した内容に加えて、ボディタッチも自然にできるようになると、一気に男女の関係を意識させることができます。

ボディタッチの攻略法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

 

ペンさん
ペンさん
あなたも恋愛強者になろう!