オススメ恋愛本

『7つの習慣』を恋愛に応用!ー④Win-Winを考える

恋愛におけるWinWinってなんだろう?
『7つの習慣』って恋愛にも応用できないかな?

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

ペンさん
ペンさん
こんにちは。
恋愛ブロガーのペンさんです。

 

Win-Win(ウィンウィン)。

 

主にビジネスの世界で使われる言葉ですね。

 

「自分も相手も勝てる道を見つけましょう」

 

みたいな意味です。

 

これは恋愛でも使える考え方です。

 

・彼女をつくる
・彼女とよい関係を築いていく

 

上記2つの面で有用です。

 

それはなぜか?

 

続きで詳しく解説していきますね。

 

ペンさん
ペンさん
恋愛強者への道を踏み出そう!

 

男女の利益と満足をめざす

man and woman statue under white clouds during daytime

Win-Winとは、「お互いの利益と満足が成立している状態」を指します。

恋愛で言えば、「男女双方の利益、満足を目指す」ということです。

 

ここで気をつけるべきは、「男女にとってのWinが異なる」という点です。

 

モテたいガー
モテたいガー
どう違うの?
ペンさん
ペンさん
まずは女性のWinから見ていこう。

女性にとっての「恋愛のWin」とは?

woman in white tank top and blue denim shorts sitting on bench holding smartphone during daytime

女性にとっての「恋愛のWin」とは?
もう少しかみ砕くと、「男性からされて嬉しいこと」は?

以下が例として挙げられます。

 

女性にとっての恋愛のWin

・リードされる
・サプライズしてもらう
・オタク趣味に理解がある
・バランス良く刺激と安心を与えてくれる
・眼福(イケメン・筋肉)
・男性から連絡してくれる
・積極的にアプローチしてくれる
・甘えさせてくれる
・尊敬できる男性と付き合える
・セックスがうまい
・風邪引いたら優しく看病してくれる
・頻繁にほめてくれる
・女の価値が高いと思わせてくれる
・「女でよかった」と思わせてくれる
・生理のとき優しくしてくれる
・過去に「好き」と言ったもの(食べ物、花、アクセサリー等)を覚えている
・外見レベルが落ちない
・家事を手伝ってくれる
・異性として迫ってくれる、自分に性的に興奮してくれる
・たまに可愛いところを見せる
・自分に会いたがってくれる

 

女性の恋愛は、熱しにくく冷めにくい。

恋愛初期は男性を厳しい目で査定します。
しかし、一度認めた男性、もっと言えば体を許した男性にはベタベタにくっつきます。

男女のWinはすれ違う

man in gray suit jacket sitting beside woman in black and white polka dot dress

ここまで、女性のWinについてお伝えしてきました。

 

対して、男性のWinは肉欲的。

 

(たくさんヤリたい!)

 

というのが男の本音でしょう。

 

数を追う男性、質を追う女性。

この違いを知っておきましょう。

 

男性目線で嬉しいことが、女性にとって嬉しいとは限りません。

 

「異性として興奮される」というのも女性として嬉しいものですが、「大事にされている感覚」を与えてあげることの方が重要です。

 

あまりにエロい態度ばかり取っていると、

 

(私の身体しか見てないの?)

 

と思われてしまいます。

 

そうすると、かえって気持ちのいいセックスはできなくなります。

 

そうならないためには、女性のWinを満たすため、以下のことを意識しましょう。

 

・ちゃんとデートする
・女性の気持ちを大事にしていることを態度で表す

 

まずはあなたのWinだけを意識していい

man in gray crew neck shirt making thumbs up

恋愛において、どちらかがLoser、つまり敗者になってしまう関係は望ましくありません。

たとえば、以下のような関係。

 

・女王様と召使いの関係
・メンヘラに振り回される
・ATMとして搾取される

 

上記のようにならないためには、「自己犠牲は絶対にしない」と決めることです。

もしくは、「主体的である」という第一の習慣を徹底する必要があります。

『7つの習慣』を恋愛に応用!ー①主体的である この記事は、そんなあなたに向けて書いています。 【この記事を書いた「ペンさん」はこんな人】...

 

女性には「搾取スイッチ」というものがあり、そこを押さないように気をつけなければなりません。

 

非モテナガザル
非モテナガザル
この搾取スイッチってなに?
ペンさん
ペンさん
格下認定した男を自分の都合のいいように利用するようになる女性心理のことだよ。

 

特に、恋愛に不慣れで、まだ非モテの性質がぬけ切れていない男性は要注意です。

 

自己肯定感が低く、異性に飢えたような状態だと、どんなヒドいことをされても、「女性と関係を切らないこと」を最優先してしまいがち。

 

『7つの習慣』では、この「Lose-Win(自分が負け)」の選択肢を取る人のことを、「勇気不足」と表現していました。

自分を利用し、搾取してくるような女性には、勇気を持って関係を断たなければなりません。

 

ただ、思いやりがあって優しい男性ほど、それが難しい。

 

個人的には、そういった男性には、まず自らの「Win」を目指す意識を強く持つ必要があると感じています。

 

「Win−Win」の関係を築けることがベストなのはわかっています。

 

しかし、物事には段階が必要。

まずは自分のWinを確保しなければ、相手のWinを考える余裕は生まれません。

要は恋愛の主導権を握り、恋愛の「うまみ」をしっかり自分自身が味わうこと。

 

女性は「好みの男性に支配されたい」という「M気質」な願望を持っていることがほとんどです。

 

なので、男性側が主導権を握ることを意識すれば、結果的に女性にとってもWinとなることが多い。

 

そのためのコツは、以下の2点。

 

1.自らの男としての魅力を極限まで磨く
2.自分より少し格下に思える女性と交際する

 

1.の男としての魅力は、細分化すると以下のような項目です。

 

・筋肉
・髪型のセンス
・服装のセンス
・自信のある態度
・勇気のある態度
・余裕のある態度

 

上記項目をまずは鍛える。

自分史上最高まで高める。

 

そのあとで、「ハードルが少し低い」女性をターゲットにして交際すれば、まずは自分のWinを確保できます。

Win−Winの男女関係とは?

man and woman sitting on rock during daytime

逆に、あなたが相手をLoserにさせることも避けなければなりません。

 

暴君のように女性を過度に支配すれば、相手がメンヘラ化してトラブルになったり、のちのちまで残る罪悪感をあなたの心に植え付けることになるかもしれません。

 

これは個人的意見ですが、「Win-Win」のカップルとは、「安心感と緊張感」を併せ持つカップル。

 

会っているときは楽しみ、癒しあう。
しかし、気を抜いたら失望されるかもしれない。
その気持ちが互いを高め合う。
ある程度の礼節を忘れない。

 

その逆が、お互いをダメにしあう、堕落したカップルです。

 

恋愛はライフスタイル全体に影響を与えます。

仕事や人生全体の目標に、プラスにもマイナスにも作用します。

当然、人生は恋愛だけがすべてではありません。

 

ですから、パートナーとして選ぶ相手は、あなたの人生に無理なくマッチし、良い作用を生み出してくれる女性を選ぶことをオススメします。

 

たとえば、ただ「顔がいい」という理由だけで女性を選べば、ワガママな性格に振り回されて、他のことが手につかなくなってしまうかもしれません。

 

「彼女の顔面偏差値」という1つの要素だけが完璧でも、他の特徴のせいで、人生全体の幸福度が下がってしまっては本末転倒ですよね。

 

それなら、多少ルックスが理想と違っていても、一緒にいて落ち着けたり、あなたの夢を応援してくれる、「アゲまん」な女性を選んだほうがいい。

 

その方が、結果的に幸せになれるのではないでしょうか。

まとめ

 

ここにボックスタイトルを入力

★恋愛のWin-Win=男女双方の利益、満足を目指す

★女性と男性ではWinが違う。異性のWinを把握して満たしてあげよう

★非モテ男子は、まず自分のWinを追究しよう。女性のWinは後からついてくる

 

恋人関係長続きの教科書

 

彼女ができれば、後はずっと幸せでしょ!

 

と思っているあなたへ。

 

僕はその考えで、1週間でフラれました。

 

そうならないためには、「恋人関係長続きの方法」をあらかじめ知っておくことです。

 

恋愛は、付き合ってからがスタートです。

 

「恋人関係を長続きさせる方法」は、↓の記事からどうぞ。

 

この方法で、僕は交際期間を10倍に伸ばすことができました。

コミュ力に自信がなくても、無理せず童貞を卒業できる。

 

女性に対して積極的になれなくて困っている
初体験を経験しないまま生きていくのは嫌だ!

 

というあなたへ。

 

まさか、コミュニケーション能力不足が原因だと思っていませんよね?

 

原因はそこではありません。

「デートの回数を重ねては、最終的にフラれる」を繰り返しているなら、↓の記事で卒業式を迎えてください。

 

「女の子と出会ったその日に卒業式」
も夢ではありません。