街コン

【脈ナシでも諦めない】街コンで出会ったグラマラス美女と2ヶ月越しでデートを決めたLINE術

 

こないだ、8月の街コンで出会ったグラマラスな美女Nちゃんと、デートして来ました。

彼女とのデートで学んだことの1つ。

それは、

いかにも脈ナシでも諦めるな!

ってことですね。

女心と秋の空とはよく言ったものです。

女性の心は本当に変わりやすい。

しっかり時間をかけて粘れば、逆転は十分可能です。

ペンさん
ペンさん
最後までよろしく!

やんわりと断られ続ける

2ヶ月前、8月の街コンで出会った女の子。

ちなみにどんな街コンかというと、街コンジャパンから申し込んだ「20代限定コン」です。

正直、あの日出会った女の子の中ではダントツでタイプだったため、狙いは彼女に絞っていたものの、あまりにも脈なしサインが多くて心が折れそうでした。

街コン後の2次会の誘いは断られ、当日のLINEでデートの誘いをしたものの反応は薄かった。

好きな食べ物を聞くと、「なんでも食べれる」というので、イタリアンに誘ったところ、そもそも食欲が薄いと言う返事。

しかも来月の頭まで研修で予定が埋まっているので、今月は無理だと言う。

ペンさん
ペンさん
マズイ、やんわりと断られている!!

と内心焦りつつも、落ち着いた男を装いつつ、返事を待ちました。


それから2週間。

返事のないまま、9月になった。

9月になった瞬間にLINE。

空いてる日があるか聞いたところ、「8日になったらはっきりするけどそれまでわからない」との返事。

また落ち着いた風を装った返事を返したが、僕の心は完全に折れていました。

8日になっても連絡は来ず、これ以上引っ張るのはあまりにも惨めだからと、諦めました。

 

ダメ元でフルスイング

10月。

ふと思い至り、超ダメ元でLINEを送ってみることにしました。

やるんだ。

どうせだめだと決めつける前に、やるんだ。

返事が来た。

 

 

「お久しぶりです。」

 

 

急に絵文字がつかなくなった。

ここで、こちらも方向性を変えます。

絵文字をつけて楽しげな雰囲気を演出していたが、これまでと同じ無難なメッセージでは何も変わらない。

見逃し三振より、フルスイングを選ぶ。

 

 

「今月会いたいな。」

シンプルかつ直球かつ大人かつ色気あるメッセージ。

食事に行こうではなく、ただただ君に会いたいというメッセージを、飾り気なしに伝えてみた。

軽くあしらわれ続けたことで、一周回って冒険する余裕が生まれました。

すると、彼女から返事が。

「私でよかったら、お願いします。」

 

よっしゃ!!!

やったぞ!!

みたか!!

 

まるで告白にOKするかのごとく返事。

しかも、なにか覚悟を決めた風な雰囲気を漂わせている。

早速デートの日程を決めます。

手のひらで踊る

しかし隙を見せたかと思えば、また盛り下がるような返事をよこす彼女。

 

「せっかくスケジュールだしてもらって申し訳ないんですが、昼がいいです…」

 

なんだよ!

何意識してんだよ!

そんないやらしいつもりないわ!

 

しかし、余裕感は崩しません。

今は「色気あるオトナモード」なので。

水野敬也大先生の著書、『LOVE理論』から、「わかるよ理論」を拝借。


 

「わかるよ。はじめて会うなら昼の方が安心やんな。」

 

相手に共感を示して理解ある大人を演出。

すぐさま昼デート可能な日程を聞き出し、日程は決定。

そこで、まさかの相手から「どこいきたいですか?」との質問。

 

いや、それ男のセリフだから!

不思議か!

でもなんか楽しい!

 

とりあえず満腹になってもらいたかったので、「ローストビーフが食べたい😄」と所望。

※なぜ満腹になって欲しかったかは、👇の記事に詳しい。

女の食欲をつかめばモテるらしいぞ! この記事は、そんなあなたに向けて書いています。 モテたい男性に伝えたいことがあります。 ...

ちなみに、ここでも水野敬也大先生の『LOVE理論』から、綱吉理論を拝借。

水野敬也先生曰く、「働かないのに愛されるコミュニケーションの天才」である犬が擬人化して、肉を欲していたら、たぶん「ローストビーフが食べたい」とストレートに言うであろう。

大体の女子は肉が好きである。

彼女も「うわーいいですね!」と乗り気な返事。

よし、決まりだ!

 

とデートの日をウキウキしながら待っていいたところ、前日にまたも萎え萎えなメッセージが…。

 

「体調が良くない」

 

だから、「私の家の近くの駅で集合にしてほしい」とのこと。

 

ずっっっと体調不良やな!!

 

向こうにペースを握られている気がして嫌だったけど、同意した。

しかし彼女は甘えるのがうまいというか、飴と鞭をうまく使い分けてくるというか。

オススメの店を聞くと、行ってみたいステーキの店があり、加えて甘いものを食べたいとのこと。

 

あんまり向こうから「ここに行きたい」と言ってくる女性は今までいなかったので、つい「可愛いじゃねぇか、、、」と思ってしまう。

 

駅近のカフェを2軒ピックアップして提案。

正直良し悪しがわからなかったので、当日のノリでどちらに行くか決めることに。

ピンボールのごとく感情をあちこちに弄ばれたけど、結局楽しいと思うところでやりとりを終えられたのは、彼女の恋愛偏差値の高さを物語っている。

当日のデートレポートは…

次回の記事に続きます。

女性の心はなかなか読めない。

【レポ】街コン美女と2ヶ月越しのデートさて、前回の記事で書いておりました、「フルスイングLINE」で脈なしをひっくり返してデートにこぎつけたNちゃんとのデートについてレポート...
脱非モテ確実!男にオススメの恋愛本15選本屋でちょくちょく見かける恋愛について書かれた本。 恋愛には正直困っているから、ついつい手に取ってみたくなる。 ...